走り屋が紹介するチューニングサイト

走り屋が紹介する中古車をパーツで速くさせる方法

走り屋がチューンと改造で中古車をパーツで速くさせる方法を紹介
中古車をパーツで速くさせる方法 > 車種別スペック
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン 殿堂入りしたまぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。 ご登録は右下のメニューからどうぞ!
動画でわかる!愛車のメンテナンス!
スポンサードリンク

ニッサンフェアレディZ

ラグジュアリーにスポーツすることができるのが日産のフェアレディZです。

フェアレディZは、1969年に初代フェアレディZがデビューしました。

以後、数回のモデルチェンジを経て、現在のZ34フェアレディZへと進化しました。

フェアレディZ
→

ギャランフォルティス(DBA-CY4A)インプレ

ギャランフォルティスは、ギャランという三菱の伝統ある名称を受け継ぎ、2007年8月にランサーの後継車として復活しました。搭載されるエンジンは、三菱アウトランダーやデリカD:5に実装されている4B12型エンジンの2000cc版である4B11型(MIVEC DOHC 16VALVE)...
→

新型シビックタイプR(ABA-FD2)

新型シビックタイプR ABA-FD2 シビックタイプRといえばEK9を思い浮かべる方が多いと思います。EK9は185psという パワーをもちながら1090kgというウエイトの戦う為に作られたマシンです。
→

フェアレディZ Version NISMO

新型フェアレディZの一番大きな変更点は、旧型VQと同じ3.5Lながら、313psを発揮する最新のHRエンジンを搭載したことです。そんな新型フェアレディZをベースに、ボディと足まわりを引き締め、新たな空力パーツを装着したのが、今回かられっきとしたカタログモデルになったフェアレディZ...
→

スイフト

コンパクトカーにおいて走りという面において、もっとも期待できるのがスズキのスイフトです。スイフトは、日本だけではなく、中国やインド・ハンガリーといった各国でも生産されており、コンパクトカーの先進国ヨーロッパでも市場のシェアを得ている世界でも有名な車種です。 スイフトは5ナンバーで...
→

インプレッサ WRX WR-Limited 2005

ラリージャパンを開催を記念して、さまざまなおいしい付加価値を付けた車両が、05年11月までの期間限定モデル、WR-Limited 2005(吊り目モデル)です。
→

インプレッサ WRX STi spec C TYPE RA(涙目モデル)

世界一過酷なサーキット、ドイツ・ニュルブルンクリンクで開発を行ってきたWRX STi spec Cプロトタイプをイメージした車両にSTIから発売されているパーツを組み込んだ限定モデルがTYPE RA(涙目)です。 エクステリアでは、フロントバンパーに、STI製アンダースカート(4...
→

インプレッサ WRX STI spec C V-Limited 2005

2005年、新井選手はPCWRCにおいて、日本人初のワールドチャンピオンに輝きました。V-Limited 2005(吊り目モデル)は、その誇りをスバルが形で表現した特別仕様車です。 エクステリアでは、フロントバンパーに、STI製アンダースカート(4万950円)を装着することにより...
→

インプレッサ WRX STI spec C TYPE RA 2005

インプレッサ WRX STI spec C TYPE RA 2005は、ニュルブルンクリンクで鍛えられたインプレッサ17インチ仕様のスペックC(吊り目モデル)をベースに、さらにSTIから発売されているパーツを組み込んだ限定モデルです。 エクステリアでは、フロントバンパーに、STI...
→

インプレッサ WRX WR-Limited 2004

WRC日本初開催を記念して、さまざまなおいしい付加価値を付けた車両が、限定モデル、WR-Limited 2004(涙目)です。 エクステリアでは、フロントバンパーに、STI製アンダースカート(4万950円)、フロントコーナースポイラーを装着。WRカーと共通のイメージを持つ大型リヤ...
→

インプレッサ S204

インプレッサ S204は、05年に登場したSTI製の限定車インプレッサSシリーズの4台目(吊り目モデル)です。 エンジン性能は、パワー320馬力、トルク44kg−mと、前モデルS203を上まわるポテンシャルが与えられています。バランス取りされたピストン、コンロッド、クランクシャフ...
→

インプレッサ WRX STI A-LINE

インプレッサの中でも特に”大人のスポーツ”を意識してラインナップされたのが、インプレッサWRX STI A-LINEです。インプレッサWRX STI A-LINEは、大型ウイングもなく、車内も黒を基調としたインテリアになっており、ホイールの通常のゴールドではなくシルバーのシック...
→

インプレッサ WRX STI spec C TYPE RA-R

インプレッサ RA−R インプレッサ RA−R インプレッサ WRX STI spec C TYPE RA-Rは、06年11月に登場したピュアドライビングスポーツを開発キーワードに、エンジンやサスペンション、ブレーキにタイヤまで、GDBをベースに走りを突き詰めたインプレッサです。
→

インプレッサ S203

STI製の限定車インプレッサSシリーズの3台目(涙目モデル)となるのがインプレッサS203です。インプレッサS203からは競技向けのスペックCベースではなく、WRX・STIをベースに製作されています。パワーは320馬力、トルクは43kg−mと、前モデルを上まわるポテンシャルが与え...
→

インプレッサ WRX STi spec C WR-Limited 2004

WRC日本初開催を記念して、さまざまな付加価値を付けた車両が限定モデル、STi spec C WR-Limited 2004(涙目モデル)です。 エクステリアでは、フロントドア、フォグランプカバーにSWRTステッカーを採用。トランク部分にWRCで戦うSUBARUのスピリットをこめ...
→

ランサーエボリューション9MR(GH-CT9A)

エクセディーのランサーエボリューション 現行ボディの最終モデルであるランエボ9・MRは、エンジンスペックこそエボ9から変わりません。ですが4G63の究極形と呼ぶのに相応しく動力性能は確実に向上しました。
→

RX-8(ABA-SE3S)

今現在、世界で唯一マツダが生産しているロータリーエンジン搭載のスポーツカーです。小型高出力のロータリーの特性を活かしたパッケージングと走りが売り物です。また新採用の観音開きの4ドアが特徴的です。 ロータリーエンジンは燃費の悪さで有名ですが、RX-7より改良を重ね(10・15モード...
→

スカイラインGT-R Z-tune(GF-BNR34)

説明するまでもない有名なGT-Rです。しかしZ-tuneはさらにチューニングを行って市販されたGT-Rです。ニスモ20周年を記念した究極のGT-Rで走行3万km以下のR34中古車をニスモが一端ホワイトボディ化しました。各部にカーボン貼り込みを行いフル補強しています。排気量2771...
→

オデッセイ(ABA-RB1)

オデッセイは、日本のミニバンブームがおきる以前に発売されました。今でこそミニバンは多いですが、オデッセイは昔からその確固たる地位を築いていたといえます。多分ミニバンの中では一番速いんではないでしょうか? 多人数で乗れて、エンジンもVTECの設定があるので快適に走る事ができ、低床な...
→

ヴォクシー(DBA-AZR65G)

俳優の反町隆史さんのCMでお馴染みのVOXYです。2001年11月に発売して以来ヒットを続けています。イメージとしては、CMどおりちょっと遊びが好きなパパっていう感じの車です。フロントマスクも普通の車と変わった印象をうけます。 乗り心地も良く、室内空間もかなり広い印象でした。しか...
→

GH-CT9Aエンジンルーム画像

ランサーエボリューション9のエンジンルームを掲載しています。
→

シビックタイプR(EK9)前期後期の違い

シビックタイプR(EK9)は、前期モデルであるE-EK9と後期モデルであるGF-EK9が存在します。「E-EK9」はシビックタイプRのデビューである1997年8月より、1998年9月のシビックのマイナーチェンジまでの期間販売されていました。「GF-EK9」はその、1998年9月よ...
→

EK9エンジンルーム画像

シビックタイプRのエンジンルームを掲載しています。
→

フィット(DBA-GD3)

現在のホンダで一番売れている車種です。2001年に登場しその後物凄い勢いで販売台数を伸ばしています。私の周りにも4人ほど所有している人がいます。普通のファミリーカーとしてもまったく問題はなく、VTECエンジン搭載グレードなどで無限などの改造パーツを装着してスポーティーに乗る分にも...
→

カローラ(CBA-NZE124)

日本車の代名詞カローラです。丈夫で持ちもよくコストパフォーマンスにすぐれていて実用性もあり無敵の販売台数を誇る車種です。有名ですね。排気量が1300cc,1500cc,1800ccと多彩のバリエーションで、現在はこのモデルより派生して色々なモデルが登場しています。それらの車種を入...
→

bB(DBA-QNC25)

bBは2000年に"black Box"の頭文字をとってbBという名称ででデビューしました。コンピュータ用語で"Black Box"というと見えない(未知)という意味がありますが、まさにその「未知」という意味合いがこめられたbBとなります。 その存在は明らかに普通の車ではなく作者...
→

スープラ(GF-JZA80)

3リッターツインターボエンジン搭載の国道を走る戦闘機です。1510kgという重量からは想像できない加速性能を持っています。FRなので乗りこなすには相当のテクニックが必要ですが操れる人はまさに車の運転に関してテクニックがある人といえます。 インパネが飛行機のコックピットのよう(操作...
→

RX-7(GF-FD3S)

伝説のFRです。水冷直列2ローラーシーケンシャルツインターボエンジン搭載で、車体重量配分50:50のモンスターです。峠から首都高までオールラウンドにその威力を発揮し販売終了から、ある程度経過した今もなおFRの王者に君臨しています。街で見かけるとこう言われている気分です。 「FRの...
→

インプレッサ(GH-GDB)

WRCインプレッサ 水平対向エンジン(BOXERエンジン)、シンメトリカルAWD、スポーツABSなど走る為の4WDとして必要な機構をすべて実装されたハイテク4WDです。
→

スカイラインGT-R(GF-BNR34)

説明するまでも無いGT-Rです。アテーサE-TSプロのRB26が実装された走る為の車です。電子デバイスに高性能エンジン、高性能車体いずれをとっても自他共に認める『速い車』です。改造に対して投資した金額が必ず見返りとなるということが有名です。 車体型式 GF-BNR34 駆動方式 ...
→

シビックタイプR(LA-EP3)

車体型式 LA-EP3 駆動方式 FF ミッション 6MT 車重 1190kg タイヤサイズ 205/45R17 ホイールベース 2570mm エンジン K20A 排気量 1998cc 最高出力 215ps/8000rpm 最大トルク 20.6kg/7000rpm ...
→

シビック(E-EG6)

スポーツシビックである、5代目シビックは、ホンダのシビックという名が有名になったきっかけを作った車種だといえます。エンジンも車体もそれほど大きくないわりによく走り軽快にフットワークしてくれる軽量のスポーツシューズのような感じです。その中でもDOHC-VTECエンジン(B16A)を...
→

ランサーエボリューション8MR(GH-CT9A)

車体型式 GH-CT9A 駆動方式 4WD ミッション 6MT 車重 1400kg タイヤサイズ 235/45R17 ホイールベース 2625mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 280ps/6500rpm 最大トルク 40.8kg/3500rpm ...
→

ランサーエボリューション8(GH-CT9A)

車体型式 GH-CT9A 駆動方式 4WD ミッション 6MT 車重 1410kg タイヤサイズ 235/45R17 ホイールベース 2625mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 280ps/6500rpm 最大トルク 40.0kg/3500rpm ...
→

ランサーエボリューション7GT-A(GH-CT9A)

車体型式 GH-CT9A 駆動方式 4WD ミッション 5AT 車重 1480kg タイヤサイズ 225/45R17 ホイールベース 2625mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 272ps/6500rpm 最大トルク 35.0kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション7(GH-CT9A)

車体型式 GH-CT9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1400kg タイヤサイズ 235/45R17 ホイールベース 2625mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 280ps/6500rpm 最大トルク 39.0kg/3500rpm ...
→

ランサーエボリューション6(GF-CP9A)

車体型式 GF-CP9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1360kg タイヤサイズ 225/45R17 ホイールベース 2510mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 280ps/6500rpm 最大トルク 38.0kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション5(GF-CP9A)

車体型式 GF-CP9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1360kg タイヤサイズ 225/45R17 ホイールベース 2510mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 280ps/6500rpm 最大トルク 38.0kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション4(E-CN9A)

車体型式 E-CN9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1350kg タイヤサイズ 205/50R15 ホイールベース 2510mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 280ps/6500rpm 最大トルク 36.0kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション3(E-CE9A)

車体型式 E-CE9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1260kg タイヤサイズ 205/60R15 ホイールベース 2510mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 270ps/6250rpm 最大トルク 31.5kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション2(E-CE9A)

車体型式 E-CE9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1250kg タイヤサイズ 205/60R15 ホイールベース 2510mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 260ps/6000rpm 最大トルク 31.5kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション1(E-CD9A)

車体型式 E-CD9A 駆動方式 4WD ミッション 5MT 車重 1240kg タイヤサイズ 195/55R15 ホイールベース 2500mm エンジン 4G63 排気量 1997cc 最高出力 250ps/6000rpm 最大トルク 31.5kg/3000rpm ...
→

ランサーエボリューション9(GH-CT9A)

ランサーエボリューションは、1992年9月にデビューしました。 その1年後の1993年に?U、 1995年に?V,?W 1998年に?X 1999年に?Y 2001年に?Z 2003年に?[ 2004年に?[MR 2005年に?\とほぼ毎年に渡って進化しています。 比較される車に...
→

シビックタイプR(E-EK9)

シビックタイプR(E-EK9)は1997年8月にデビューしました。 1.6リッターのDOHC-VTECエンジン(185PS)である、B16Bを搭載し、車体重量が1090kgというとんでもなく軽快なマシンです。ご存知の方も多いと思います。シートやステアリングも有名メーカーのパーツが...
→

------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク
カスタム検索
カテゴリモバイルサイト
携帯サイト用 QRコード
中古車をパーツで速くさせる方法QRコード
中古車をパーツで速くさせる方法の携帯用サイトも公開中!
殿堂入りメールマガジン 無料!
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
殿堂入りしたまぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。
お名前 (ハンドルネーム可)

メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)


カテゴリリンク
カミダ自動車オフィシャルホームページ
カミダ自動車ブログ
This website is powered by Movable Type 3.2